農業とコラボレーション|注目の風力発電にあるメリットとは|これからの生活に必要なこと

注目の風力発電にあるメリットとは|これからの生活に必要なこと

農業とコラボレーション

一軒家

年利10パーセントの投資

東北地方である宮城県は、大小260余りの諸島が織りなす日本3景の一つである松島で有名な所です。そして世界的に限られた地域しか見る事のできない、蔵王の樹氷と言ったパノラマは、見る人を圧倒してしまいますし、宮城米として「ササニシキ」・「ひとめぼれ」が有名です。そんな宮城県で、リスクが少なく、初期費用の少ない資産運用の方法はないかと思っている方は、必見です。現在で自然再生可能エネルギーとして「太陽光発電」が注目されています。「太陽光発電」は、10KW以上の発電した電力すべてを20年間の長期にわたり一定金額で買取ってくれる保証付の制度です。なんと年利10パーセント以上とも言われ人気なのです。不動産や株式のようなリスクもほとんどなく、宮城県で「太陽光発電」を行うために必要な設置費用も売電しながら、賄えるため実質負担が0であるのも人気の理由であると言えます。また、設置場所は駐車場の屋根とすることもできたり、マンションやアパート・一般の住宅や山林と、どこにでも設置可能であることが「太陽光発電」の最大の魅力と言えます。

農業と売電でダブル収益

宮城県で「太陽光発電」を行うためには、設置場所によりその収益が大きく変わってくることに注目する必要があります。「太陽光発電」は、天候に左右されやすく日照時間でも発電量が変わってくる特徴を持っています。しかし悪い事ばかりでは、ないのです。メガソーラーなどと言ってサッカー場が二つ入るほどの広大な敷地で行う「事業用太陽光発電」は、売電金額が年間数千万円にもなります。これは一般の人には、少し無理がありますので、ソーラーシェアリングと言った方法もあります。これは農業経営と「太陽光発電」を同時に行う事です。原理はいたってシンプルなものです。日照時間をあまり必要としない作物と「太陽光発電」用の設備を畑に設置するだけなのです。年間の売電金額は敷地の大きさにもよりますが、200万円前後の安定した収入が望めます。ただし一定条件がありますので利用する予定のある方はよく確認して検討する必要があります。そしてCO2排出ガス削減につながり地球温暖化に貢献しているとも言えます。