発電の原理と買取制度|注目の風力発電にあるメリットとは|これからの生活に必要なこと

注目の風力発電にあるメリットとは|これからの生活に必要なこと

発電の原理と買取制度

太陽光発電

発電の原理と設置場所等

太陽光発電とは、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式です。一般家庭にあるものについていえば屋根に太陽光パネルを設置して、太陽エネルギーを受けて発電した当該パネルの太陽電池が発電した直流電力を設置されたパワーコンディショナーにより電力会社と同じ交流電力へと変換し家庭における家電製品の電力として利用されることとなります。さらに余剰電力については電力会社へ送電することとなります。家の屋根に取り付けるのが一般的でしたが、現在は遊休地の活用という観点から日当たりがよい耕作放棄地等の土地に直に設置したり、山林の斜面に設置したりするのも多く存在しています。この太陽光発電を行うために必要な太陽光パネルを製作するメーカーの企業努力は目を見張るものがあり、パネルの単価が価格競争によりどんどん安くなっている状況にあります。

魅力的な制度

太陽光発電は、日常で使う電気を発電してくれるため、その電力を利用すれば電力会社の電力を使用せずに済むため電気代が安くなるという利点があります。しかし何と言っても余剰電力について買い取ってくれる固定価格買取制度が魅力的です。平成28年の余剰電力の買取価格の単価については、発電量が10キロワット/時未満の場合は出力制御対応機器の設置義務がない場合は1キロワットあたり31円、同設置義務がある場合は1キロワットあたり33円です。この単価で10年間は買取が保証されます。一方10キロワット/時以上の場合については1キロワットあたり24円+税と若干単価は低めですが20年間の買取保証があります。太陽光発電は自己に必要な電力をまかなうのみならず固定買取制度により保証された投資という側面もあり今後も拡大が見込まれます。